トレジャーリサーチは悪質なバックエンド商材?

情報商材を購入する際に最も気をつけなければならないもの、それは悪質なバックエンド商材です。

悪質なものに引っかかってしまうと、たいして役に立たない情報を高い金額を出して購入することになるばかりか、脅迫じみた勧誘によって高額塾への入塾をしてしまうことになるかもしれません。

これから新しく副業を始めようと思っている人にオススメできると思うのは岩田陽一さんが考案したトレジャーリサーチです。

トレジャーリサーチもまた、バックエンド商法を利用し、売り出されている情報商材なのですが、先程述べたような悪質なものではないと思います。

トレジャーリサーチはなぜ安心なのか、バックエンド商法とはそもそもなんなのか、説明させて頂きます。

バックエンド商法には様々な形あり!

バックエンド商法と一言に言い表してもその有り様は様々です。

一部業界でしか見ないような酷く悪質なものもあれば、日常でよく見るような極めて一般的なものまで様々で、一概に判断できるものではありません。

というのもバックエンド商法とは、利率が高いなどの理由から販売元が強く売りたいと思う商品(バックエンド商品)を、集客目的に用意した安価商品(フロントエンド商品)を販売して誘導することを目的としたマーケティング手法の1つだからです。

カラオケ店で例えると、割引クーポンがフロントエンド商品になり、通常メニューがバックエンド商品になります。一度割引クーポンで提供するサービスの良さを知ってもらい、次回から通常料金で利用して貰うこの日常でよく見るマーケティング方法も、バックエンド商法の1つなんです。

この例を見るとどんなお店でも、バックエンド商法は極めて一般的に利用されているマーケティング手法だといえると思います。

トレジャーリサーチにおいてのフロントエンドとバックエンドとは?

トレジャーリサーチにおけるフロントエンド商品はLINEの友達登録をすることによって受け取れるパンフレットだと思います。

そしてバックエンド商品は2万円するトレジャーリサーチ本体やマニュアルと10万円分のプレゼント含む7大特典にあたるかと思います。

トレジャーリサーチではパンフレットをフロントエンドに置くことで、パンフレットを通してバックエンドであるトレジャーリサーチ本体に興味をもってもらおうとしているんだと思います。

情報商材の世界においてはバックエンドが高額すぎるケースや、まったく価値の無いフロントエンド商品に不適切な価格が設定されている詐欺としか言えないケースもよくあるように思います。

このようなものが一般的に悪質なバックエンド商材と呼ばれるわけですが、トレジャーリサーチがこのパターンに当てはまるとは思いません。

フロントエンドであるパンフレットは実質無料であり、バックエンドであるトレジャーリサーチ本体も2万円と非常に一般的な価格設定がされています。

さらにトレジャーリサーチを購入する前にLINEに登録していれば、1万円の割引を受けられ、半額で購入する事ができます。

さらにさらに返金保証制度が用意されているので、もし稼げなかったとしても1万円を返金して貰えると思います。

トレジャーリサーチはこのような理由からバックエンド商法であっても安心して購入することができると思います。